SHOT NOTEとCamScannerではどちらが“使える”か?

title.jpg




このホームページは、自動的に引っ越し先のページにジャンプします。

ジャンプしない場合は、こちらをクリックして下さい。









twitter:matworks
facebook個人ページ:http://www.facebook.com/matworks


2011/09/17

SHOT NOTEとCamScannerではどちらが“使える”か?



今回はちょっとマニアックな比較をしたいと思います。
キングジムが出してるSHOT NOTEというメモ帳がありますが、これは、手書きでメモを書いた後、iPhoneやAndroid携帯用の専用ソフト(無料)でこのメモ帳を撮影すると、四隅のマーカーをソフトが読み取り、自動で台形補正やコントラスト調整をして、専用ソフトでその画像を管理できるというものです。



一方、CamScannerというソフト(Android用)は、携帯カメラで撮影したメモなどを、トリミングしてコントラスト調整して取り込むというものです。

CamScanner


画像明瞭度はどうか?

私は両方とも使っていましたが、どちらの方が画像の鮮明度が高く、後で見やすいのかを実際の画像で比較してみました。
(周囲の光源は同じ状態で撮影しています。)

結果は以下の画像をご覧になると一目瞭然です。

撮影機種 : docomo galaxy S2
左:SHOT NOTE(メモパッドMサイズ)で撮影  右:CamScannerで撮影

SHOTNOTEとCamScannerの画像比較.jpg


結果としては、右側のCamScannerの方が明らかに明瞭に撮影できています。



保存までのプロセスはどうか?

また、撮影から保存までのプロセスを比較してみると、

■SHOT NOTE

  • ソフト起動 ⇒ 撮影ボタンを押す ⇒ 保存ボタンを押す

■CamScanner

  • ソフト起動 ⇒ 撮影ボタンを押す ⇒ シャッターボタンを押す ⇒ 決定ボタンを押す ⇒ 手動でトリミング範囲を指定する ⇒ 決定ボタンを押す ⇒ 最終決定ボタンを押す

という流れであり、
CamScannerの方が手順はかなり多くなっています。


コストはどうか?

メモ帳においては、気になったことをどんどんメモすることが大切であるため、コスト面も気になる所です。

CamScannerでは、メモ帳の種類を選ばないため、コストの面でも優ってきます。

■一般的な100円ノート

\100、96ページ
     ⇒ 1ページあたり約¥1

■SHOT NOTE

メモパッドMサイズ(154×102mm)定価 \451、70ページ
     ⇒ 1ページあたり約¥6.4

実に6.4倍ものコストの違いがあります。

メモをする時には、コストを気にして、この程度の内容だったら書くのはやめておこう、などと書くことを躊躇するようではメモの意味がないと思いますので、このコストの差は大きいのではないでしょうか?

総評

画像はCamScannerの方が明瞭で綺麗でしかも安価ですが、撮影手順はCamScannerの方が煩雑ということで、使う人がどちらを優先するか、で決めると良いのではないでしょうか。

画質、コスト優先   ⇒ CamScanner
取り込みの簡単さ優先 ⇒ SHOT NOTE


ということでしょうか。

私は画質とコストを優先したいため、多少手順が多くなっても、CamScannerを使用しています。
また、SHOT NOTEが売られている店はまだ限られているため、田舎に住んでいる私にはちょっと遠くまで出ないと手に入らないというデメリットもあります。
どんなメモ帳でも変わらずScanすることができるCamScannerの方が、残りのメモ帳の分量など気にせず、気軽に使えるのではないかと思いました。\100ノートなら全国のコンビニで24時間いつでも手に入りますからね。